May 27, 2022

Day: December 7, 2021

デビュー当時の彼らは少年みたい。 と言っても、事実 バリバリのTeenagerだったのだから少年ぽくて当たり前なのだが、演奏ってなったら物凄いバンドだ。 Lyraは、このギャップに惚れてしまう。 まんまThe Strokesを意識したイカシタサウンドに、今日Lyraが紹介する曲は、ビデオまで似ているのだから、彼らがどれだけThe Strokesが好きかわかるだろう。 でも歌詞は、何か独特。 The Strokesが半径5mくらいの世界を良く描くのとは違って、Alex Turnerが描く歌詞は、物語を語る様な感じ。 一人称の時だろうと二人称であろうと、物事や人間を客観的に見ている気がして、Lyraには大人に感じる。 冷めているのか? 燃えてる魂かくしてるの? スポンサーリンク   今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、シェフィールド出身のロックバンド、Arctic...